英会話クラスだより +

レイ・ブラッドベリ

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)

レイ・ダグラス・ブラッドベリ(1920年8月22日生まれ)は、アメリカのファンタジー小説、恐怖小説、サイエンス・フィクション、ミステリ小説の作家です。もっともよく知られているのは、暗黒郷小説では『華氏451度』(1953年)、サイエンス・フィクションでは『火星年代記』(1950年)、『刺青の男』(1951年)です。ブラッドベリは、20世紀、21世紀のアメリカの空想力に富むフィクション作家として最も褒めたたえられている一人です。

リチャード・ペック

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)

リチャード・ペック(1934年4月10日生まれ)は、現代のヤング・アダルト文学に多くの作品を貢献したことで知られるアメリカの作家です。リチャード・ペックは、2001年に『シカゴより好きな町』で、ニューベリー・メダル賞を受賞しました。

メグ・キャボット

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)

メグ・キャボット(アメリカ合衆国インディアナ州ブルーミントンで1967年2月1日に、メギン・パトリシア・キャボットとして生まれる)は、ティーンエイジャーや大人向けにロマンチックな小説や非科学的な小説を、色々なペン・ネームで書いていましたが、現在は本名であるメグ・キャボットの名前1本で書いているアメリカの作家です。メグ・キャボットは、50冊以上の本を書き出版していますが、一番良く知られているのは、『プリンセス・ダイアリー』です。この本は、後にウォルト・ディズニー・ピクチャーズが同じタイトルで2本の長編特作映画を作りました (原作は映画も小説も『The Princess Diary』ですが、日本では小説は『プリンセス・ダイアリー』、映画は『プリティ・プリンセス』です)。メグ・キャボットの本は無数の賞を受賞しています。たとえば、ニュー・ヨーク公立図書館ティーンエイジ図書賞、アメリカ図書館協会読書好きでない人が手に取る本賞、テネシー州ボランティア学校司書協会図書賞、ブック・センス推薦図書賞、永遠のヤング・アダルト図書賞、IRA/CBCヤング・アダルト選定図書賞などがあり、他にも多くの賞を受賞しています。キャボットは、何度も『ニュー・ヨーク・タイムズ』のベストセラー・ナンバー・ワンになっています。キャボットの作品は、児童向け、ヤング・アダルト向け、成人向け合わせて、世界で印刷され1500万冊以上販売されています。

ミンディ・ウォーショウ スコルスキー

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)

ミンディ・ウォーショウ・スコルスキーは、以前は教師をしており、大恐慌の時代にハドソン・バレーで育ちました。
スコルスキーは、ハンナについての本を5冊書いており、現在は、絵本を手掛けています。
スコルスキーは、現在、ニュー・ヨーク州スミスタウンに住んでいます。

マリア・D・ウィルクス

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)

マリア・D・ウィルクスは、少女時代に『小さな家』シリーズを読み、それからずっと開拓時代の歴史に魅惑され続けています。
マリア・D・ウィルクスは、クワイナー家、インガルス家、ワイルダー家について広範な調査を行い、原資料や家族の手紙、日記を研究し、数人の歴史学者やローラ・インガルス・ワイルダーの地所に人たちの話を良く聞いて『クワイナー一家』シリーズを書きあげました。
ウィクルスは、現在、ニュー・ジャージ州に夫と二人の娘と共に暮らしています。

マーク・シュライバー

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)

マーク・シュライバー(オハイオ州シンシナチ生まれ)は、アメリカの作家です。シュライバーは、35冊以上の本を書いており、そのほとんどは小説ですが、回想録、随筆、一般科学の本も書いています。

ポール・フライシュマン

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)

ポール・フライシュマン(1952年生まれ)は、アメリカの児童文学作家であり、また、あらゆる種類の本の作家でもあります。ポール・フライシュマンは、カリフォルニア州サンタ・モニカで育ち、父であり児童文学作家でもあったシド・フライシュマンが本を書きながら1章ごとに声を出して読み上げるのを聞いていたそうです。ポール・フライシュマンと父のシド・フライシュマンは、親子で、アメリカ図書館協会がアメリカ児童文学作家を表彰するニューベリー賞を、父のシドは、1987年に『身がわり王子と大どろぼう』で、ポールは1989年に『楽しいざわめき: 二つの声のための詩(仮題)』で受賞しています。

ベティ・G・バーニィ

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)

ベティ・G・バーニィが、初めて小説を書いたのは7歳の時で『森のテディ・ベア』という物語だったようです。両親の理解と、やはり小説を書く姉が模範となり、それ以来バーニィは、小説を書き続けています。しかし、子ども時代は、ローラー・スケートや、水泳、自転車、ピアノ、読書、カードゲームやすごろくで遊ぶなど、普通の少女と変わらない部分もあったようです。

幼稚園から高校までミズーリ州アフトンの学校に通い、ウェブスター・カレッジ(現在のウェブスター大学)を卒業しています。カレッジでは、当然のように英語を専攻し、小説を書き続けていたようです。

卒業後、バーニィは、ミズーリ州セント・ルイスとイリノイ州シカゴで広告の世界で仕事をし、それから、南カリフォルニアに引っ越しています。そこで、ディズニーランドの広告部門で働き、その後、バーバンクにあるディズニー・スタジオでテレビやラジオのコマーシャルや劇場版の予告編などを書いて製作する仕事に携わりました。

ディズニー・チャンネルが始まったころは、バーニィは、作家兼編集者として「クマのプーさんコーナー」を担当していたようです。それ以来、バーニィは、200以上ものディズニーの物語を、漫画家として書いていました。

テレビ向けの家族映画『メアリー・クリスマス』は2002年に放映され、テレビ会社史上最高の視聴率をあげたので、それ以来毎年クリスマス・シーズンには『メアリー・クリスマス』が放映されることになっています。

ベティ・G・バーニィは、アメリカ作家組合賞を受賞し、3度ヒューマニタス賞を受賞しています。2002年には、デイタイム・エミー賞も受賞しています。また、クリストファー賞や多くの子供向け作品の賞を受賞し、アフトン学区の名誉殿堂入りも果たしました。

映画などで活躍し評価されているベティ・G・バーニィですが、作家であることが一番好きであるらしく、今までに子供向けの本を35冊書いています。ベティ・G・バーニィによれば、映画であれ本であれ、物語を書くという行為には変わりなく、どの媒体がどの物語に適しているかという違いだけのようです。

ベティ・G・バーニィは、俳優のフランク・バーニィと結婚し、2人の娘と1人の息子に恵まれ、現在は孫もいます。

ヘェメヨースツ・ストーム

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)

ヘェメヨースツ・ストームは、モンタナ州の北シャイアン族居留区とクロウ族居留区で育ったインディアンです。
ヘェメヨースツ・ストームが最初に書いた本『セブン・アローズ』は、初めて世界に先住民インディアンの神聖な輪と呼ばれるメディシン・ウィールを紹介した本です。『セブン・アローズ』は、また、近代のインディアンの戦争をインディアンとその氏族の観点からも見ています。

ヘェメヨースツ・ストームは、若い時期に1800年代のインディアン戦争時に生まれたエストチーマーという名の神聖な女性の弟子になっています。ストームは、エストチーマーから、インディアンの歴史や酋長の知恵を学んでいます。

ヘェメヨースツ・ストームは、メディシン・ウィールやエストチーマーの教え、地球の教えを、一人の芸術家として、講師として、そして作家として広めているのです。

フランチェスカ・リア・ブロック

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)

フランチェスカ・リア・ブロック(1962年12月3日生まれ)は、数多くのヤング・アダルト向け図書の著者であり、『ウィーツィー・バット』シリーズで有名です。ブロックが初めて書いた本『ウィーツィー・バット』は、カリフォリニア大学バークレー校に在学している時のものです。『ウィーツィー・バット』は、1989年にハーパー・コリンズ社から出版されました。
フランチェスカ・リア・ブロックは、イメージを使う事で良く知られていますが、特にロサンジェルスの街を描写するときはその傾向が強いそうです。週刊誌『ニュー・ヨーク・タイムズ・ブック・レビュー』のある批評家は、「ブロックは、レイモンド・チャンドラー以来、実際のロサンジェルスを誰よりもよく描いている」と言っています。
ブロックは、写真芸術家、スーザ・スカロラと共同で『天使の証(仮題)』を書き、2009年10月に出版しています。