英会話クラスだより +

自然

英語のボキャブラリーでチャレンジングなものの1つに、自然界の事物・現象があります。
具体的には(少なくとも私が今苦労しているのは)、植物、動物(特に昆虫、鳥)そして天候(とりわけ雲)があります。
英語圏の人たちと日本人は、これらの対象物を異なる基準で分類しているのです。
ですから、杉は本当にcedarなのか、チドリはsandpipersで良いのか、wadersは?shorebirds でもよいのでは・・など悩むことはいろいろです。感情の表現が難しいように、これらの言葉は現地で幼少期から長い間住んでいることで培われるものだからでしょう。翻訳や通訳をしていると日英の辞書が役に立たないように、英日の言語は互いに1対1の対称系ではないのですね。

何事もチャレンジ

なんでもそうでしょうが、言語や他国の文化など、新しいことや、既に知っていることでも、さらにその奥にあるものを求めてチャレンジしていくことは大切なことだと思います。
知らないうちに分かったような気になり自分の理解している範囲だけの世界は、思ったよりも深みがあり広がりがあることを知ることは、自分を謙虚にもしてくれますし、多様性への理解、異質に見えるものに心を開かせてくれる大切な活動だと思います。

ちょっと大げさかな?

予習は当たり前

なかなか思うように進行しません。
せめて教材の単語は調べておいてほしいものです。

努力しないところに結果は生まれてこないので、最低限に事前準備は必要です。

Huastec GoddessParis Accord

A History of The World in 100 Objectsの69章Sculpture of Huastec Goddessの第2回目です。なかなか面白い視点が展開されましたが、英語自体は一部の単語を除いて比較的平板です。特に困難な個所はありませんが、講師の宿題となっているto the southがなかなか曲者です。生徒さまから時間をいただいたので、何とかお盆休みに解決したいと思っています。

Example Sentencesは、Paris Accordを大きな問題なく進んでいます。

問題といえば、公会堂のプロジェクターが不調のため、スライドを生徒さまにお見せできないことでしょうか。

前置詞、Vocabulary、ダイアログ

前回のクラスは割と地味なクラスでした。
新しい前置詞は割とオーソドックスな意味しか持たないものを学びました。それを使った例文はYさんがあまり好ましくない例文を紹介し、大笑いになりました。せっかく新しく言葉を学ぶのですから、前向きな事柄の表現をしてほしいものです。

新しい単語もありきたりのもの、特に珍しくもありません。ただ使用されている例文はチャレンジングだったかもしれません。微妙なニュアンスを出すのは意外な副詞だったりします。なるべく多くの例文に慣れましょう。