英会話クラスだより +

英語とは羅列言語!?(E04)

E04ではHさんに鍛えられているせいか(笑)、最近は文法の事を考える事が良くあります。
そこで持ちがちなのは、英語では単語の並び方で意味を形成させているのではないかという単純な感想です。
日本語は細かな助詞により、言葉の意味や関係をある程度形作っているのですが、英語では前置詞がわずかにその役割をはたしているだけで、動詞の変化や単複の変化を別単語として片づければ、語順だけで意味を作っているのではないかと思えるのです。
分詞構文等はその良い例で、譲歩などのいろいろな意味づけ(機能)が世にある文法書では取り上げられていますが、それぞれの機能は文意をくみ取って後からその理由としているだけで、文字列だけからはその意味(機能)の違いは読み取れません。

もともと、文法を言葉を制御するシステムとは見ないで、一種の分類の方便としか見ていない自分特有の見方なのかもしれませんが、一度はChomsky等も読んでみたいなと思う今日このごろです。