英会話クラスだより +

主観・感情の表現

翻訳でもそうですが、習慣や感情の表現は異国語で行おうとするとかなりハードルが高い事が分かると思います。
理由は色々とあると思うのですが、少なくともそのうちの1つは、言いたい事を正確に分かる人はその本人だけであるということであるからだと思います。
たとえば、日本語の「しっかりしている」「きっちりしている」などは、文脈や話者の意思によりそのニュアンスや意味までも変わり、「しっかりしている」「きっちりしている」を英語でなんて言うのと聞かれても文脈や状況説明、さらには、話者がどんな事をその言葉で表現しようとしているのかとつぶさに聞かないとなかなか適語を見つけられません。もちろんツーカー式にわかる時もありますが・・・。
日本語で言い変えようとして詰まるようなら、使用者やアドバイザーもその意味やニュアンスを正確に押さえていないわけで、正確に理解していないものを英語で言えと言われても、何を言えば良いのか分からないと感じるのが関の山です。そしてそれが当然のことなのですが。