英会話クラスだより +

何となく順調(E07)

今日は、何となく順調でした。本日の体験参加者のYさんは、わからない単語にチェックをしてきただけなのに、結構良い感じで訳していましたし、Mさんも、慣れてきたのか、それとも日ごろのハードワークで錆が落ちてきたのかスムーズに進みました。

唯一、難渋したところは、… – not that I could ever have them over much.というくだりです。
that以下ではないが」ということですが、I could have them=「私が彼らを持つことをできた」=「私が彼らをいさせることができた」のhaveの使い方が、文脈の中で唐突に感じられた事と、overの「あちらで」「あそこで」(=「両親の家で」)という意味での使い方が、しっくりこなかったのが原因のようです。それさえわかれば、everは時間を表す時の強調、muchは量(very oftenとかfrequently)を表しているだけなのでわかって頂けると思うのですが・・・。
over等の例文を紹介する必要があるかもしれません。