英会話クラスだより +

追記

マイケル・モーパーゴ直筆のサインが入った『戦火の馬』は、この物語の執筆のきっかけに強く関与した「街の子供たちの農場」にある売店で購入することができます。

『戦火の馬』は、2011年2月11日から10月30日までロンドンの帝国戦争博物館行われた「むかしむかし戦争の時代に - 子供のための一級の戦争物語」で取り上げられた5冊の本の1つです。この展示会では、『戦火の馬』の歴史的背景が細かく説明され、モーパーゴ自身の原稿も展示されました。

『戦火の馬』が1982年に初めて出版された時は、数えるほどの言語にしか翻訳されませんでしたが、スティーブン・スピルバーグによる映画化への関心への高まりの副産物として、2011年末に封切される映画に合わせようとする翻訳権の取得要請が『戦火の馬』の出版社にあふれかえりました。
『戦火の馬』の前書きに触れられている絵、どこかの村の公会堂にかかっているニコルズ大尉が描いたジョーイの絵は、モーパーゴの創作です。しかし、劇場版の「戦火の馬」の成功以来、多くの観光客がモーパーゴの住んでいるアイドルスレイの村を訪れては、公会堂の絵を見たいと尋ねるので、モーパーゴは2011年にアーチストに頼んで絵を描いてもらいます。モーパーゴは、スティーブン・スピルバーグによる『戦火の馬』の映画で「馬の毛並みと化粧」のチーフ・アーチストでもあったアリ・バニスターを、そのための馬の画家として使っています。アリ・バニスターは映画の中にも出てくるジョーイのスケッチも描いているアーチストです。