英会話クラスだより +

植物: バージニアヅタ

グリーン・ゲイブルズのダイニング・キッチンの窓から見える景色についての続きです。


東側の窓からは、左の方の果樹畑に生えている満開の花で白くみえる桜の木と、小川のそばにあるくぼ地で風に揺られるほっそりとしたカバノキも見えたが、窓は絡みあったの緑で縁どられていた。


この一文の中に描写されている植物、「桜」「カバノキ」「蔦」を順番に解説しています。

今回は、「蔦」だったのですが、原文では”a tangle of vines” としか書いていません。
正確に言うと”vine(s)” は、ツル性の植物(climbing plants) のことをいい、分類学上の植物に結び付けるのは非常に困難です。
シダ植物、裸子植物、被子植物すべてに存在し、被子植物でも単子葉植物、双子葉植物のどちらにもそれぞれの種があります。

“vine” は、もともと”grapevine” でしたから、ブドウ科のツル植物と考えるのが妥当かもしれません。
そうすると、候補には、

  • ブドウ属
  • ノブドウ属
  • ヤブガラシ属
  • ツタ属

がありますが、ヤブガラシ属はツルをあまり伸ばさないので窓を縁取るには不向きです。

また、例によってアメリカ農務省のデータベースからは、候補の中でプリンス・エドワード・アイランドで自生するツル植物は、

  • バージニアヅタ
  • アメリカブドウ

です。
(ただし、今回はヒットしないデータもあったので漏れがあるかもしれません)

アメリカブドウは栽培種のブドウの母親の様な存在で、様々なブドウを産み出しています。果樹作物として育てるべきもので、家の壁に這わせるものではありませんね。

ということで、グリーン・ゲイブルズの家の壁を這っているツル植物”vine”はバージニアヅタである確率が高いです。
バージニアヅタのイメージは日本人の大多数にとっては「蔦」で十分伝わると思われます。片仮名の方が受け入れやすければ「ツタ」で統一するのがいいかもしれませんね。

アンにとっては、部屋の窓までのびているなら、アメリカブドウの方が良かったかもしれませんね。

(出版の際には他の表現と共に訂正されます)