英会話クラスだより +

キルステン・ミラー

キルステン・ミラー(1973年生まれ)は、アメリカの小説家で、『キキ・ストライク』シリーズの作者です。このシリーズの最初の本『キキ・ストライクと謎の地下都市(Kiki Strike: Inside the Shadow City)』は、本国では2006年に出版されました。2冊目の『女王の墓(仮題: The Empress’s Tomb)』は2007年に出版されています。このシリーズはキキ・ストライクとアナンカ・フィッシュバインとその友達がニュー・ヨーク市で行う冒険の記録です。
2001年に、マンハッタンにある保育園の前庭が崩れて、穴があき、地下室が見える事件が、本当にあったそうです。この出来事でキルステンに最初の本のアイデアが湧き、地下トンネルと街の下にある部屋の設定ができました。キキ・ストライクとイレギュラーズというグループ (シャーロック・ホームズのベイカー・ストリート少年団イレギュラーズの名前にちなんでいます) が、この秘密の通路を探検するという話です。