英会話クラスだより +

ゲアリー・ブラックウッド

ペンシルバニア州ミードビルに1945年10月23日に生まれたゲアリー・ブラックウッドは、『シェイクスピアを盗め!』『シェイクスピアを代筆せよ!』『シェイクスピアの密使』などの、若い読者に人気のある本を書く作家です。
ゲアリー・ブラックウッドは、ペンシルバニア州コクラトンで育ちました。初めのうちは、1教室しかない小学校に通いましたが、ペンシルバニア州のグローブ・シティー・カレッジから英語の学士号を取得して卒業しました。ブラックウッドは、カレッジにいる間に、初のショート・ストーリー『黄金の崖(Cliffs of Gold)』を、12/15マガジンで出版しました。ブラックウッドが初めて書いた本は、1983年に自費出版した『ライオンと一角獣(The Lion and the Unicorn)』です。1987年には『ワイルド・ティモシー(Wild Timothy)』を出版し、続いて『ドアの向こうに(Beyond the Door)』『死にかかる太陽(The Dying Sun)』と出版しました。
1988年に『シェイクスピアを盗め!』を出版しましたが、舞台設定は1601年のエリザベス王朝のロンドンで演劇の陰謀のお話です。その時代の細かな点に注意しながら、ブラックウッドは、男達は、名誉が疑われれば剣で決闘し、女性達は舞台での生活を望むなら男装し、シェイクスピアの演劇会社から脚本を盗むように送り込まれたみなしごが、思いもよらず、自分の人生の仕事と家族を見つける、激動の世界を再現しています。