英会話クラスだより +

ジャック・ケルアック

ジャン‐ルイス・“ジャック”・ケルアック(1922年3月12日~1969年10月21日)は、カナダ系アメリカ人の小説家で詩人でもありました。
ジャック・ケルアックは、文字通りの因習破壊主義者と考えられており、小説家のウィリアム・S・バロウズや詩人のアレン・ギンズバーグとともに、1955年~1964年に異彩を放った小説家グループ「ビート・ジェネレーション」の先駆けだといわれています。ケルアックは、カトリック教神秘主義や、ジャズ、乱交、仏教、麻薬、貧困、旅行などのトピックについて即座に書き上げる手法で認められています。ケルアックの作品は、他の作家にも影響を与え、それらの作家には、作家のケン・ケシー、シンガー・ソング・ライターのボブ・ディラン、作家で詩人のリチャード・ブローティガン、小説家のトマス・ピンチョン、ジャーナリストで作家のハンター・S・トンプソン、音楽ジャーナリストのレスター・バングス、作家のトム・ロビンズ、小説家のウィル・クラーク、日本の村上春樹がいます。ケルアックの作品に批判的な批評家は、「急ごしらえの作品」「センチメンタルすぎる作品」「不道徳な作品」としてケルアックの作品を見ています。
ケルアックは、裏舞台での著名人となり、ビート・ジェネレーションの他のメンバーと共に、ヒッピー運動の創始者となりましたが、ヒッピー運動には反対の立場をとりつづけました。
1969年に、ケルアックは、47歳の若さで、長期間飲酒を続けてきたために内出血で亡くなりました。
死後、ケルアックの名声は上がり、以前には発表されていなかったいくつかの作品が出版されました。ケルアックの全作品は、現在出版されており、その中には、『オン・ザ・ロード』『ザ・ダルマ・バムズ』『メキシコ・シティー・ブルーズ(仮題)』『地下街の人々』『荒涼天使たち』『コウディーの風景(仮題)』『ビッグ・サー』などがあります。