英会話クラスだより +

メグ・キャボット

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)

メグ・キャボット(アメリカ合衆国インディアナ州ブルーミントンで1967年2月1日に、メギン・パトリシア・キャボットとして生まれる)は、ティーンエイジャーや大人向けにロマンチックな小説や非科学的な小説を、色々なペン・ネームで書いていましたが、現在は本名であるメグ・キャボットの名前1本で書いているアメリカの作家です。メグ・キャボットは、50冊以上の本を書き出版していますが、一番良く知られているのは、『プリンセス・ダイアリー』です。この本は、後にウォルト・ディズニー・ピクチャーズが同じタイトルで2本の長編特作映画を作りました (原作は映画も小説も『The Princess Diary』ですが、日本では小説は『プリンセス・ダイアリー』、映画は『プリティ・プリンセス』です)。メグ・キャボットの本は無数の賞を受賞しています。たとえば、ニュー・ヨーク公立図書館ティーンエイジ図書賞、アメリカ図書館協会読書好きでない人が手に取る本賞、テネシー州ボランティア学校司書協会図書賞、ブック・センス推薦図書賞、永遠のヤング・アダルト図書賞、IRA/CBCヤング・アダルト選定図書賞などがあり、他にも多くの賞を受賞しています。キャボットは、何度も『ニュー・ヨーク・タイムズ』のベストセラー・ナンバー・ワンになっています。キャボットの作品は、児童向け、ヤング・アダルト向け、成人向け合わせて、世界で印刷され1500万冊以上販売されています。